臨床検査科このページを印刷する - 臨床検査科

概要

理念

私たちは患者様から信頼される臨床検査を実践し、効果的かつ効率的な医療が行われるよう、正確で精度の高い臨床検査情報を迅速に提供することを目指します。

特色

当科では、検体検査(一般・血液・生化学・血清・免疫・輸血管理)、微生物検査、生理検査(超音波検査を含む)、病理検査を実施しており、1年を通じて24時間体制で診療支援を行っています。検査業務に加え、中央採血室での外来採血、院内感染対策、糖尿病教室などの業務も他部門のスタッフと協力し行っています
適切な医療が遂行されるために常に正しい臨床検査情報を的確に臨床各科に報告することは臨床検査科の最も重要な使命です。そのため、すべての検査において精度管理を維持できるよう、大きなエネルギーを注いでいます。毎年、日本医師会や日本臨床衛生技師会の臨床検査精度管理調査に積極的に参加し、常に高得点を取得しています。当科は外部評価機関により検査の精度が保障された施設として認証されています。

日本臨床衛生検査技師会精度保証認定施設

画像1

スタッフ

医師      1名
臨床検査技師 16名

資格取得

臨床検査の精度管理を維持する上でも、臨床検査技師自身が知識や技術を高水準に保つよう、日々自己研鑽に励む必要があります。臨床検査科の各分門において、学会などより認定資格制度が実施されており、当科の技師は以下の認定資格を取得しています。
    
超音波検査士(消化器)    2名
超音波検査士(循環器)     1名
細胞検査士          5名
国際細胞検査士        3名
認定病理検査技師       1名
認定心電図技師        1名
心電図検定1級         1名
心電図検定3級        1名
電子顕微鏡二級技士      1名
二級臨床検査士(病理学)    2名
二級臨床検査士(免疫血清学) 2名
二級臨床検査士(循環生理学) 1名
二級臨床検査士(微生物学)  2名
緊急臨床検査士        3名
NST専門療法士       1名
特定化学物質等作業者主任   2名
有機溶剤作業者主任      4名